So-net無料ブログ作成
検索選択
対戦相手 ブログトップ
前の3件 | -

対戦相手下調べ 2014 J.LEAGUE DIVISION 2 第42節 水戸ホーリーホック [対戦相手]

2014年バージョン松本山雅FCの今季最終戦。
長かったようで短かったようで、辛かったようで楽しかったようで。
個人的には、今年は山雅劇場とは程遠い拍子抜けの年でした。

おっと、まだ今年は終わっていませんでしたね。
最終戦の対戦相手は、水戸ホーリーホック。多くの山雅戦士(元戦士も含む)が水戸でJリーガーとしてお世話になっていただけあって、きっちりとその成長を(サポーターも含めて)感謝の気持ちと共に見せたいですよね。

<チーム名> 水戸ホーリーホック
<2013年リーグ成績> J2 15位(勝ち点55、14勝13分15敗、50得点・58失点)
<2013年特記事項> 柱谷兄弟監督対決は水戸の1勝1分
<クラブカラー> 青
<発足> 1994年(フットボールクラブ水戸として創設)
<所在地> 茨城県水戸市笠原町
<ホームタウン> 茨城県水戸市
<メインスタジアム> 水戸市立競技場・ケーズデンキスタジアム水戸(茨城県水戸市小吹町)

s_AL6I1572.jpg

<練習場>  ホーリーピッチ(水戸市水府町那珂川左岸河川敷)
<監督> 柱谷哲二
<公式サイト> 水戸ホーリーホック オフィシャルサイト
<wikipedia> 水戸ホーリーホック

<Jリーグ歴>
 2000年~      J2

<対戦成績>4勝1分0敗
(1)2013年7月3日(水)松本山雅F.C. 2-0 水戸ホーリーホック
 >Jリーグ ディビジョン2 第22節 松本山雅FC vs 水戸ホーリーホック(松本山雅F.C.)
(2)2014年5月31日(土)水戸ホーリーホック 1-2 松本山雅F.C.
 >Jリーグ ディビジョン2 第16節 松本山雅FC vs 水戸ホーリーホック(松本山雅F.C.)

<マスコット>
 ホーリーくん(龍)

<2013年ホームゲーム入場者数>
 最多:10,025人
 最低: 2,261人
 平均: 4,630人

<先発予想>3-4-3
 ------馬場賢治------
 --小谷野顕治---吉田眞紀人-
 ----------------
 船谷圭祐--------田中雄大
 ---西岡謙太--内田航平---
 ----------------
 細川淳矢--金 聖基--新里 亮
 ----------------
 ------本間幸司------

<注目選手>
 やはりゴールキーパーの本間選手じゃないでしょうか。昨年は途中で怪我をしたためリーグ戦28試合の出場にとどまったものの、2013年末時点で水戸の公式戦527試合に出場。これだけ長くいることもあり、水戸に所属していたことのある山雅戦士を全員知ってるという(笑)。水戸のJFL時代を知る唯一の現役選手です。
 攻撃陣は強力2トップ三島・馬場選手に、途中出場で結果を残している鈴木・吉田選手に要注意です。吉田選手は山雅にいた時より生き生きとしているみたいですね!

<サポーター>
 ゴール裏では、viento azul水戸ニスタなどが主に応援をしているようです。

<コメント>
 山雅サポーターとしては、かなりフワフワした感じになっていて、公式戦後のGreen showerのことで頭がいっぱいになりがちですが、公式戦はまだ終わっていないし、それは対戦相手の水戸にとっても大変失礼なことなんだと思います。そういう意味で、水戸サイドとしては、松本山雅との対戦成績からすると、

 絶対に勝つことだけを考えて襲い掛かってくる

はずだし、あわよくば、Green showerイベントの雰囲気をぶち壊してやるくらいの試合をして水戸に帰ろう、とも考えているんじゃないでしょうか。

松本山雅サポーターの皆さん、23日は2014年シーズン最後の公式戦です。2014年の山雅戦士がアルウィンで一緒になって、One Sou1となって戦える最後の機会です。

開幕戦もシーズン中も最終戦も連勝中も連敗中もどんな時でも「2014年シーズンは記憶に残る1年だった、特に最終節の水戸戦はね」と2014年山雅戦士全員が思ってもらえるような試合にしていきたいですよね。

2014ラストマッチ。

松本山雅戦士への熱い熱い応援を宜しくお願いいたします!

 “ビリッケツから熱風を巻き起こせ!”
nice!(1)  コメント(0) 

対戦相手下調べ 2014 J.LEAGUE DIVISION 2 第41節 FC岐阜 [対戦相手]

いよいよやってきました、TOP OF 北アルプス&緑カップ決戦!

<チーム名> FC岐阜
<2013年リーグ成績> J2 21位(勝ち点37、9勝10分23敗、37得点・80失点)
<2013年特記事項> 途中から指揮を執る辛島監督、J2残留の大仕事成し遂げる
<クラブカラー> 緑
<発足> 2001年(国体に向けて強化する目的で岐阜県サッカー協会により創設)
<所在地> 岐阜県岐阜市学園町
<ホームタウン> 岐阜市を中心とする岐阜県全県
<メインスタジアム> 岐阜メモリアルセンター長良川競技場・長良川競技場(岐阜県岐阜市長良福光大野)

695W7163.jpg

<練習場>  メモリアル補助競技場・北西部運動公園Aグラウンド(岐阜市内)など
<監督> ラモス瑠偉
<公式サイト> FC岐阜オフィシャルサイト
<wikipedia> FC岐阜

<Jリーグ歴>
 2008年~      J2

<対戦成績>4勝0分2敗
(1)2013年10月6日(日)FC岐阜 1-2 松本山雅F.C.
 >Jリーグ ディビジョン2 第36節 松本山雅FC vs FC岐阜(松本山雅F.C.)
(2)2014年4月26日(土)松本山雅F.C. 1-0 FC岐阜
 >Jリーグ ディビジョン2 第9節 松本山雅FC vs FC岐阜(松本山雅F.C.)

<マスコット>
 なし

<2013年ホームゲーム入場者数>
 最多:11,719人
 最低: 2,341人
 平均: 4,525人

<先発予想>4-2-3-1
 ------ナザリト------
 ----------------
 遠藤純輝--高地系治--比嘉諒人
 ----------------
 ---宮沢正史--ヘニキ----
 ----------------
 森 勇介--------益山 司
 ---木谷公亮--深谷友基---
 ------太田岳志------

<注目選手>
昨年厳しいながらJ2で残留を勝ち取りった上に大型スポンサーの獲得にも成功。日本代表として世界の強豪と戦った川口能活選手・三都主選手や攻撃陣ではナザリト選手が柱となって結果を残しています。鳥取で活躍した美尾選手、元山雅戦士益山選手、甲府で活躍した杉山選手など、在籍選手との融合で観客動員でも順位でもなかなかの効果をあげています。ここ数試合は川口選手がベンチにもいなかったりと選手を頻繁に変えていますが、これも来季を見据えた戦いなのかもしれませんね。個人的には、益山選手との対戦、楽しみです!

サポーター
 ゴール裏では、G-styleなどが主に応援をしているようです。

<コメント>
 昨年の初戦ではそれまで勝利のなかった岐阜にアルウィンで逆転負けを喫し悔しい敗戦でした。あの時の岐阜サポーターの気合いと、緩い雰囲気の山雅サポーターがとても対照的で、敢えて気を引きしめる意味で書くと「試合開始前に勝負あったかな」という感じでもありました。もう2度とあんな思いはしたくないですね!
 隣県のJ先輩。山雅が地域リーグでもがいている間に、地域→JFL→J2と駆け上がっていった姿を見ているだけに、この対戦、負けられません。懸命に応援していきましょう!

 “ビリッケツから熱風を巻き起こせ!”
nice!(1)  コメント(0) 

対戦相手下調べ 2014 J.LEAGUE DIVISION 2 第40節 ジェフユナイテッド千葉 [対戦相手]

2位確定後、初の公式戦。福岡戦後のメディアの取り上げられ方に私はウハウハしていましたが皆さんもそのはず。こういう時が一番やばいのは、プロ野球で大勝した次の日に完封負けしてしまうのと一緒で、薄々感じていると思います。田中隼磨選手が長期離脱したものの、監督コーチスタッフ選手はいつもどおりの練習をおこなっているようですので、残り3試合も懸命に戦う準備をしています。その準備をウハウハなサポーターが緩い雰囲気で壊したくないものですが、果たして私は平常心で試合に臨めるのかどうか。

ジェフユナイテッド千葉は、来季対戦するJ1にいても「そうだよね」と普通に思えるチームです。そういう意味でも、この試合、来季も睨んだ試合にしたいし、何しろ2014年バージョンの松本山雅で戦える公式戦はたった3試合しかないので、1分1秒たりとも無駄にしないよう、懸命に応援していきましょう!

<チーム名> ジェフユナイテッド市原・千葉
<2013年リーグ成績> J2 5位(勝点66、18勝12分12敗、68得点・49失点)
<2013年特記事項> 2年連続J1昇格プレーオフ進出も、初戦で徳島に惜敗。
<クラブカラー> 黄、緑、赤
<発足> 1946年(古河電気工業サッカー部として発足)
<所在地> 千葉県千葉市中央区川崎
<ホームタウン> 千葉県市原市、千葉市
<メインスタジアム> 千葉市蘇我球技場・フクダ電子アリーナ(千葉県千葉市)

IMG_1003.jpg

<練習場> ユナイテッドパーク(千葉県千葉市中央区)
<監督> 関塚隆
<公式サイト> ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト
<wikipedia> ジェフユナイテッド市原・千葉

<Jリーグ歴>
 1993年~2000年 J
 2001年~2009年 J1
 2010年~      J2

<対戦成績>3勝0分2敗
(1)2013年8月18日(日)松本山雅F.C. 3-2 ジェフユナイテッド千葉
 >Jリーグ ディビジョン2 第29節 松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉(松本山雅F.C.)
(2)2014年6月28日(土)松本山雅F.C. 1-0 ジェフユナイテッド千葉
 >Jリーグ ディビジョン2 第20節 松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉(松本山雅F.C.)

<マスコット>
 ジェフィ・ユニティ(秋田犬)、みなちゃん(ミックス)

<2013年ホームゲーム入場者数>
 最多:15,982人
 最低: 6,511人
 平均:10,004人

<先発予想>4-2-3-1
 ------森本貴幸------
 ----------------
 谷澤達也-町田也真人-幸野志有人
 ----------------
 ---兵働昭弘--佐藤勇人---
 中村太亮--------山口 慶
 ---山口 智--キム・ヒョヌン----
 ----------------
 ------岡本昌弘------

<注目選手>
 森本(はぁ~)谷澤(はぁ~)兵働(はぁ~)山口(はぁ~) ほんとため息しか出ません(笑)。個人的な注目は田代真一選手。JFL時代にレンタル先の町田ゼルビアの選手として対戦。マリノスに在籍していたこともあり、松田直樹選手に可愛がられていた選手です。ベンチスタートにはなりますが、ひょっとしたら出場するかもしれないので、是非とも田代選手の牙城を崩して、山雅の意地を見せたいですよね!もちろん、得点はとられないように。

<サポーター>
 ゴール裏では、GIALLOCONE FAMIGLIANEO POINT旗隊YELLOW-DEVIL市原粋犬会という様々なグループが応援をしているようです。

<コメント>
 シュート数・パス数・クロス数・スルーパス数、全てにおいて山雅を上回っているクラブ(当たり前か…)。前節の磐田戦ではリードされ、追いつき、逆転し、最終的にはドローとなりましたが、明らかにJ1クラスの試合で見ている私もゾクゾクっとしてしまいました。まあとんでもないメンバー!J1だろ、これ!って感じで、うん、ジェフとの対戦は仮想J1として、挑戦者の気持ちで挑めるんじゃないでしょうか。
 監督交代後、徐々に順位を上げているだけに、厳しい戦いになりそうですが、何とか一矢報いたい!

 “ビリッケツから熱風を巻き起こせ!”
nice!(0)  コメント(1) 
前の3件 | - 対戦相手 ブログトップ
0311.jpg
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。