So-net無料ブログ作成

第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会 グループC [地域決勝大会]

今年、JFLに昇格したのは良いものの、昨年より緊迫感を感じることがなかなかできませんでした。それは週1回をほぼ1年間続けるという 長丁場のリーグであること。またスタートダッシュに失敗し昇格という言葉を前期からほぼ忘れてしまっていたこと。天皇杯が思った以上に面白い展開(つまり勝利する)にすることができなかったということ。などなど勝手に考えれば考えるほど理由を並べることができます。

だから、というわけではありませんが、緊迫感を感じ来季向けた気合入れを個人的にするために、地域決勝大会の予選ラウンドの最終日だけですが、行ってきました。

会場は高知春野。結果としてはこのグループリーグから2チームが決勝ラウンドに進むことになり、個人的にはいい試合を見たと思ってますし、来季へのモチベーションアップにつなげることができたと思っています。
ということで、ざっとですが、グループC最終日の2試合を観て感じたこと。
(注:以下の文章は個人的に感じたことを書いているものであり、上から目線とかそういう気持ちでは書いていません。ただ他チームについて書いていることから、もし気分を害された方には本当に申し訳ないと思いますが、文章能力が稚拙ということでお許し頂きたいと思います。)

<福島U>
 グループリーグ3位でした。個々の選手はレベルが高く、実績はこのグループ1だったのではないでしょうか。2日目にPK負けしたのが最後まで響いたようですが、このまま来季頑張ればJFL昇格の筆頭になる気がします。
 選手には久野選手や村瀬選手、あとは柿本選手と湘南でプレーを一緒にしていた選手がいるんですね。これは驚きです。
 サポーターは30名ほど来ていました。すでに3日目が始まる時点ではグループリーグ敗退が決まっていたんですが、応援もしっかり最後までしていて、私が山雅を応援し始めた頃の事を思い出させてくれました。また試合前にスタジアム全体を写真に撮っていたのですが、その際、福島Uサポーター同士のふれあいを目の前で見た事も、ちょっと高感度アップでした。
 来季、サポーターと共に、再度チャレンジしてもらいたいですね。

<さいたまSC>
 この地域決勝に最後に入ったのがさいたまSCでしたが、グループリーグでは1勝もできず4位となりました。
 最終日はセットプレーからの失点が多く、レベルの差を見せ付けられた形になりましたが、それでも後半から一部の選手を入れ替えて、多彩な攻撃を魅せてくれた事で、関東リーグでもまれた経験を披露できたのではないでしょうか。YSCCもグループ1位抜けしたようですし、来季、関東リーグの注目株になると思います。
 ちなみに、ゴール裏のサポーターは5,6人程しかいませんでしたが、太鼓の他にスネアの人がいて、かなりレベルが高かったです。

<カマタマーレ讃岐>
 最終日にPK勝ちを収め、グループCを1位で抜け、決勝ラウンド進出を果たしました。ただ、全社優勝という実績からかなりの期待をした最終日だったのですが、その守備力は案外もろかったように思いました。まあ最終日ということと、共に引き分けでも決勝ラウンド進出可能という状況だったので、仕方が無いと思うのですが、攻撃もちぐはぐで、期待度が高かっただけに…という感じです。
 ただ、目標はJFL昇格だと思うので、しっかりと立て直して、昇格を果たしてもらいたいですね。讃岐には元山雅戦士の佐々木惇選手もいますし、松本市出身の小林選手もいるので、山雅サポーターの方も思い入れをもって応援できるのではないでしょうか。

<長野パルセイロ>
 このメンバーなら、やはり長野は強い。しかもワイルドカードという条件をうまく計算して、最終節を戦っていて、試合運びとかフロント力とか組織という面では、ぶっちゃけJFLレベルじゃないでしょうか。
 サポーターも地域リーグでは規格外、JFLでも上位に入るほどと感じるほど、高知県に大勢の長野パルセイロサポーターが集まっていたように思いました。決勝ラウンドを終えてみないと分からないのがサッカーですが、個人的には、高知に来て、来季JFLで信州ダービーをする覚悟ができた気がします。まあ、正直書くといろんな意味で嫌な相手ですけどね(汗)。


この日、ちょっと残念だったのは、ワイルドカードがもたらした、第二試合のあまりにも悲しい終わり方でしょうか。今年の大会からグループリーグ2位同士のクラブで一番成績の良かったクラブが決勝ラウンドに進出できるようになったのですが、1-1で引き分けPK戦に入れば、両クラブとも決勝ラウンド進出をすることが可能な状況でした。たぶんベンチからの指示で、後半の43分くらいから、コーナーでボールをキープし相手にボールを渡さず、対戦相手もボールを奪わない状況が2分ほど続きました。つまりこのまま試合が終われば共に決勝ラウンドに進出できるわけですから、互いにこう着状態のまま無理をしないわけです。こんな状況で会場がシーンとしながらその茶番に似た光景を見せ付けられたのは、ちょっと悲しい感じがしました。ただ、両チームからすると当たり前の戦い方で、ルールに則ったものなので、これはどちらのクラブに非があると言っているわけではありません。ワイルドカードという条件は劇的な場合もあるけれど、なんだかな~という場合もある、と痛感されられたなあ、と。

とにかく、これで決勝ラウンド進出4クラブが決まりました。どこのクラブがJFLに昇格しても、松本山雅にとっては、今年以上に消耗戦になることは必死だし、そういう意味では、今年1年、JFLでかなり勉強させてもらったんですが、やはり1年で昇格できるならそのチャンスを勝ち取るべきだったし、そのチャンスを逃したのも、今の松本山雅がそこまでのレベルだったということを肝に銘じ、日曜日のJFL最終節を力の限り戦いたいな、と思ったのであります。そして、来季に向けた始まりの試合にもしていきたいですよね。
バスツアーは敢行が決定したみたいですし、仙台の地で数多くの皆さんの山雅戦士への声援を宜しくお願いいたします!

ちなみに、地域決勝大会の決勝ラウンドは12月3日(金)から5日(日)の3日間、千葉県市川市臨海競技場でおこなわれます。皆さんも来年のJFL加入クラブ誕生の瞬間をご覧になってはいかがでしょうか。


ということで、画像です。

行きの行程については今回端折りまして。。。

sIMG_7669.jpg
島々

sIMG_7686.jpg
讃岐うどん

sIMG_7694.jpg
高知市内展望

sIMG_7700.jpg
あっという間?に会場に到着

sIMG_7713.jpg

sIMG_7711.jpg

sIMG_7718.jpg

sIMG_7721.jpg

sIMG_9834.jpg

sIMG_9685.jpg

sIMG_9673.jpg

sIMG_9705.jpg

sIMG_9725.jpg

sIMG_7726.jpg
福島ユナイテッドサポーターの皆さん

sIMG_7727.jpg
さいたまSCサポーターの皆さん

sIMG_9750.jpg
元甲府 久野選手

sIMG_9788.jpg

sIMG_9808.jpg
ヘディングの得点が多かったです

sIMG_9875.jpg
湘南時代に柿本選手とプレーしたことがある(らしい)青栁選手

sIMG_9831.jpg
こちらも柿さんとプレーしたことがある(らしい)時崎コーチ

sIMG_9850.jpg
時崎コーチの弟でもある時崎選手

sIMG_9833.jpg
一番右が気になって仕方が無かった、ダンマク
結局、ハットトリックを決めるとどうなるか判明しないまま…

sIMG_9891.jpg

sIMG_9899.jpg
カマタマーレサポーターの皆さん

sIMG_9907.jpg
パルセイロサポーターの皆さん

sIMG_9953.jpg
シンプルだけど印象深いユニとエンブレム

sIMG_9921.jpg
佐々木惇選手
nice!(0)  コメント(9) 

nice! 0

コメント 9

オペラ座の凡人

 こんばんは、オペラ座の凡人です。

 高知に行かれたのには驚かされました。
 相変わらず、この大会は地獄の大会ですね。
 二度と関わりたくないです。

 私はYSCCに期待しております。
 昨年、あと一歩で逃したJFLへの再挑戦の権利を劇的に
手に入れたところにサッカーの神様が微笑んでいるように
思えます。
by オペラ座の凡人 (2010-11-23 22:41) 

オールドボーイ

今年はAC長野にJFL昇格して欲しいと願っているボーイです。

今回の地域決勝1次ラウンドはAC長野も気になりますが、
J推薦のSC相模原に注目していました。
東京在住の友人が本日観戦して結果のメールをくれました。
「あの山口に負けて予選敗退!」
全勝で予選通過という友人の評価でしたからビックリしました。
勝負は蓋を開けるまでわからない。
by オールドボーイ (2010-11-23 23:59) 

東信山雅サポ

はじめまして、信州の東の果てから山雅と叫んでます。

地域決勝も1次ラウンドが終了し、最終決戦の舞台が整いましたね。
個人的には、昨年のライバルYSCCが勝ち残っているのがうれしいです。
アルウィンでのツエーゲンとのPK戦は、今思い出しても涙が出そうになります。
まぁ、上がってくれば山雅にとってはかなりの強敵ですが、それはそれ、これはこれ。
それにしても、パルセイロもようやくここまで来ましたね。
ともあれ、来月の決勝ラウンドは注目ですね。
by 東信山雅サポ (2010-11-24 00:55) 

Airportman

> オペラ座の凡人さん

 長野、JFL昇格すると思いますよ。2位通過という流れ的にですが。
 こうなると、半年でJFLにもなじむでしょうし、実力的にはカオス状態になりそうです。
by Airportman (2010-11-24 06:49) 

Airportman

> オールドボーイさん

 私もびっくりしました。レノファは何か持ってますね。相模原は県リーグのままでしょうか!?
 JFLで信州ダービーとなれば…はあ…って感じです。第三者的にはこれほど楽しい対戦はないでしょうけれど。
by Airportman (2010-11-24 06:52) 

Airportman

> 東信山雅サポさん

 コメントありがとうございます。
 なんだか、北信越リーグの激闘がJFLまできちゃいそうですね。
 来年の我々の唯一の目標は昇格ですから、それにむけた活動を積極的におこないたいですね。

 大変そうな2011年になりそうです。
by Airportman (2010-11-24 06:54) 

motocafe

高知まで行かれたんですね!さすがです!
昨日はネットで試合の行方をウォッチしていました。
ワイルドカードで決勝ラウンド進出が分かったときは、思わず「ヤッター!」と叫びましたが、もし引き分けの駆け引きがあったとしたら残念なことです。

JFLでの信州ダービーがすごい確率で実現しそうですね!AC長野、強し!天皇杯予選や全社での戦績をみても決勝ラウンドは2位以上でクリアでしょう。信州はJFL旋風が起こりそうですね。来期は、信州ダービーが2度ありますよ!本当にエキサイティングな年になりそうです!

相模原の快進撃をレノファが止めましたね。やはり常連の意地ですね。
ちょっと残念な気持ちと、当然だという気持ちと半々です!(笑)

本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。
by motocafe (2010-11-24 09:21) 

motocafe

sc相模原 2:3 レノファ山口 の試合はすさまじい試合だったのですね。sc相模原のHPにてレポートを見て驚きました。レノファの勝利への執念ですね。山雅 2:3 栃木の試合と同じような展開ですね。このような展開で昇格の扉を閉められショックは大きいでしょう。
by motocafe (2010-11-24 17:06) 

Airportman

> motocafeさん

 相模原は特例の恩恵を活かすことはできませんでしたね。さすがに来年は特例は無いので、今年のように全社を勝ち抜いて自力で地域決勝への切符をつかんで欲しいですね。

 それにしても、何かやってくれますね、レノファ山口。
by Airportman (2010-11-24 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

0311.jpg