So-net無料ブログ作成

2007年全社大分 [全社]

山雅を知ってから早8年。いつの間にか松本山雅にはまり、毎週の試合を楽しみ(時には苦しみ!?)にするようになってしまいました。まあ、この状態が良いのか悪いのかは分かりませんが(苦笑)、大勢の方と出会うきっかけになっているので、松本山雅に感謝しなくてはなりませんね。

で、松本山雅と出会うきっかけとなったのは…後日のネタにするとしまして、今回は「山雅の応援をこれから本気でやっていこうと心に決めた大会」を紹介したいと思います。

それは…

 2007年に大分で行なわれた「全国社会人サッカー選手権大会」

です。

この年、松本山雅は辛島啓珠監督の下で北信越リーグ1部優勝を果たし、地域決勝大会への出場権をすでにつかんでいました。その1ヶ月ほど前におこなわれる「地域決勝大会への最後のきっぷをかけた戦い」となる全国社会人サッカー選手権大会への出場権も獲得していた松本山雅は、地域決勝大会への準備として全社大分に乗り込んだのでした(2年後、いや翌年からこの全社が山雅の歴史を語る上で重要な大会となることは、その当時露とも知らず…)。

この大会が私にとって重要な大会になったのにはもう1つ理由がありまして、山雅の全国デビュー(自分的に)である大会であったからで、まさかの松本から名古屋経由で新幹線→sonicを乗り継いで大分に乗り込んでしまった気合いの入れようからも、その当時の自分の興奮ぶりが伝わってきます。

その気合いをあざわらうかのように、大会初日(1回戦)の朝、私の携帯に1通のメール。「今回の大会は、主力選手のガチャを温存!松本にいるよ!(当時、ガチャは北信越リーグで得点王を争うほどの実力選手でした)」という知りたくもない心ゼロ(苦笑)メールを、とある空気読めないサポーターさんが送ってくる始末で、「なんだこのメール。なんだかなあ」と出鼻をくじかれた私だったのですが、とりあえず気を取り直して会場に向かったわけです。

会場に到着して、まず圧倒されたのが、試合会場の近くにある九州石油ドーム(現:大分銀行ドーム)。当時からアルウィンは誇れるスタジアムだと思っていました。が、4万人の観客を収容できる施設と聞いてそれを目の当たりにしているわけですから、心が折れそうになるのも無理はありませんでした。

sIMGP1499.jpg
試合会場から見える九州石油ドーム(当時の写真です)

sIMGP1530.jpg

sIMGP1518.jpg

そんな九州石油ドームに圧倒されながら、迎えた第43回全社1回戦。対戦相手は、北海道代表のトヨタ自動車北海道サッカー部。信州まつもとから駆けつけたサポーターは10名弱。そのほとんどが、自動車で駆けつけたわけですから、私より気合いが入っていましたね(全社大分で応援された方々は今も現役でゴール裏なわけで。コルリダさんもいらしてました)。

sIMG_4731.jpg

sGG2N5264.jpg

試合は3-0で勝利。内容的には満足いかないものでしたが、私にとっては山雅戦士が躍動する姿を改めて認識できた試合でした。

sIMG_4822.jpg

そういえば、この試合の後、他の会場(歩いてすぐ)の様子を観にいったのですが、そこには少数精鋭の応援部隊もいらっしゃってました。それは…Jリーグ同期組の町田サポーターさんでした。

sIMG_4774.jpg

タイコと声だし兼務サポさんでしたが、この声のでかいこと、でかいこと。度肝を抜かれましたね。

1回戦の夜は、大分の食を堪能しました。自慢するならいつ?いまでしょう!ということで。

sIMGP1461.jpg

翌日の2回戦。対戦相手は昨年一昨年とJFLでしのぎを削った、V・ファーレン長崎。

sIMG_5738.jpg

sIMGP1486.jpg

当時から、長崎の強さは噂で聞いていて、そのチームとガチンコで勝負できることに、北信越リーグの山雅しか知らない私にとっては胸躍る試合であったことは間違いありませんでした。そして、熱いと噂で聞いていた長崎サポーターを間近で見られたことも、心躍らせてくれましたね。



試合には、1回戦とは異なるメンバーで、当時はまだ先発ではない選手が中心に出場していました。この先発メンバーをみて、当時の自分は「なんだよ、サブ中心なのか」と結構残念な気持ちで2回戦のキックオフを迎えてました。つまり当時の私は先発とサブメンバーを区別しているOne Soulのかけらもない人間だったわけで。

試合は、私の予想を大きく裏切り、山雅戦士が長崎から先制点を奪取。

sGG2N6271.jpg

その後も山雅戦士の躍動感が長崎を圧倒し、前半を1-0で折り返します。
後半は全社での地域決勝を狙っていた長崎の猛攻が続きますが、選手全員でゴールを守ります。この懸命に長崎に立ち向かい、走り、ボールを追いかける選手を見ていて、「応援するチームの選手に、主力もサブも無いんだなあ。こんなに熱いプレーを見せてくれる山雅戦士たちをもっと熱くサポートしていかないといけないんじゃないか!?」と得意の勝手節を決め込んでいたわけです。話は少しずれますが、長崎戦には、宮田潤一選手(現:山雅ユースコーチ)も出場していて、辛島監督に怒鳴られながらも懸命にプレーする姿(当時はあまり試合には出場していなかった)に感動を覚えたのもこの時でした。

長崎戦、残り時間わずか、というところでダイレクトボレーを決められ同点。その後両者得点できないまま1-1で試合終了。大会の規定でそのままPK戦突入。残念ながら、4-2で2回戦敗退となってしまいました。

sIMG_5863.jpg

sIMG_5923.jpg

負けはしたものの、上にも書いたように、強豪長崎に全員で戦う姿勢を見せたこの試合(1回戦も)は私の山雅サポーターとしての深入りを決めたような試合でして、そういう意味で、この全社大分は記憶に残る、ここにエントリーとして残しておきたい大会なのでした(まあ、この時から現在に至るまで、長崎には一度も勝てていないのですが…汗)。

ちなみに、この大会には、腐れ縁なクラブ様も出場していて、山雅の2倍以上のサポーターが大分まで応援に駆けつけていました。

sIMG_5944.jpg

sGG2N7230.jpg

他にも、藤枝とか、YSCCとか、ラランジャとか、今考えると素晴らしいチームばかりが出場していた大会だったんだなあ、と。

sGG2N7680.jpg

sGG2N8070.jpg

sGG2N8496.jpg

この大会で優勝したのはMi-OびわこKusatsu。そう、この年に地域決勝1次ラウンドのアルウィンで敗戦を喫したクラブ(そのままその年にJFL昇格)なわけで、まあ因縁と言うか何と言うか。。。
(まあ、2007年の地域決勝アルウィンは、良い面でも悪い面でも記憶に鮮烈に残ってますよねぇ)

で、話はまだ続きます。。。
今年の6月にJ2アウェイゲームで大分に行った訳でして、スタジアム(大分銀行ドーム)近くの懐かしの全社会場にも寄って来た訳でなのです。実に4年半ぶりという。

sIMG_0300.jpg

sIMG_0287.jpg

sIMG_0290.jpg

sIMG_0291.jpg

sIMG_0293.jpg

sIMG_0294.jpg

sIMG_0295.jpg

sIMG_0299.jpg

sIMG_0303.jpg

sIMG_0302.jpg
大分ユースの練習をしてました。

まあ、誰にも伝わらないんですが、勝手に懐かしんできました。試合には負けちゃいましたけどね。。。

そうそう、もう1つ因縁。
このJ2大分トリニータとの試合の夜、大分の郷土料理のお店でお酒を飲んでワイワイガヤガヤとしていたら、テーブルの横の男性陣がMIOの関係者だったこと(翌日HOYOとの公式戦)は、これまた偶然なのか何かの因縁なのか。。。

もちろん、2007年の地域決勝談義に花が咲いたわけでw

ほんと、サッカーってなんだかなあ、って感じで、やっぱり面白いなぁ、と。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

おかん

貴重な映像ありがとうございます!!
山雅の歴史
#6に思わず見入ってしまいました(笑)
腐れ縁にはあの方‥奈良さん‥が

今夜は勝利の街歌いましょうね タオマフ思いっきり回しながら
前回がちょっと不消化だったので(笑)
by おかん (2012-06-24 11:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

0311.jpg