So-net無料ブログ作成

松本山雅FC支援寄付金募集 ラストスパートです! [寄付]

松本山雅への支援金につきまして、振込以外のにもイベントなどで募集できるようにする、とありますが実現していないですよね。大勢のサポーターが集まった新体制発表でもキックオフイベントでも、そして結局ホーム開幕戦の情報にも、支援金募集の文言がありません。振込をするほどではなく小口かもしれないけれど支援したい!という多くの機会を逸していて、少し残念な感じ。実はとんでもなく集まっていて、明日の朝刊に『支援金、目標金額に達する』と杞憂に終われば、それに越したことはないんですが。

そんな、批判めいたことを書いておきながら、こんなことを書くのは矛盾しているんですが、実はクラブサイドとしても、広く多くの方に支援金の協力をいただきたいはずなんですよね。でも、それが実現できていない。それはなぜか。クラブのスタッフの数が圧倒的に人が足りなくて、対応が後手に回ってしまっている。これが大きな理由なんだと思います。J2からJ1って、我々が考える以上に、多くのことに対応しなくてはならない。例えば、メディア対応だけでも、専任スタッフが1人必要。ただでさえ、地元メディアの取材調整に苦心していたのにそれが全国区。それだけメディアの露出が増えると「これを取材したい」「あれを取材したい」という要望が圧倒的に増え、その調整に専任で対応するスタッフが必要なことは容易に想像できます。さらに、地元スポンサー様への対応や新規スポンサー獲得、そしてJ2からJ1になると自然と上がるサポーターの要望(声)への検討と応対。そんなこんなで自分たちためになる活動を後回しせざるを得ず、金融機関からの振込以外の方法でのクラブ支援金募金が手つかずとなってしまっている…と。

じゃあ、我々サポーターはどうしたらよいのか。おこづかいやへそくりから、少額かもしれないけれど振込するほどではないかもしれないけれど、クラブの支援金を託したいサポーターは諦めるしかないのか? 正直、それって悔しいですよね。イベントでの募金がない以上、手段はやはり振込ということになるので、そこをどうにか我々サポーターで対応するアイデアや協力が必要なんだと思います。

すごく単純なんことではありますが、気の合った仲間で支援金の話題がでたら、長野銀行から振込ができる人に持ち寄った支援金を託す。クラブのスタッフが忙しく対応ができないことが分かっているのであれば、そうやって、サポーターでアイデアを出して動く。それこそが、松本山雅らしさ、とも思う次第です。

例えばこんな活動。
 募集:求む!賛同者!クラブハウス募金のカンパのお願い。(信州にJ1を!~いつかは見たい松本山雅対ベガルタ仙台~)
 報告:寄付しました!支援寄付金@長野銀行(信州にJ1を!~いつかは見たい松本山雅対ベガルタ仙台~)

このブログでも募集してもいいかな?と思いましたが、受け渡しがなかなか難しそうですね…。しかも人気がなくて集まらないのも癪だし(苦笑)

ということで、支援金の申し込みは3月末となっております。皆様の松本山雅を応援する思いが大きな輪になって松本山雅のゴール裏を作り出したのと同じく、皆様の少しずつのお気持ちが大きな額になって形ある貴重な資産を作り出してくれるはずです。

ご協力を宜しくお願いいたします m(__)m
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

0311.jpg