So-net無料ブログ作成

(特別編)2017夏 ユニ欧 in 中欧#3 第3試合 クラクフダービー 前半 [山雅以外]

第2試合の翌日、ポーランド国内を移動し南部の観光都市クラクフへ移動しました。

第3試合 2017.08.12
エクストラクラサ(ポーランド1部) 第5節
ヴィスワ・クラクフ vs クラコヴィア

相手のクラコヴィアもクラクフのクラブ、すなわちクラクフダービー。しかも両スタジアムが歩いて行ける距離だとか。

と言う事で、最終戦にして最も楽しみにしていた試合。というか、この試合を見るために旅程を組みました。その結果、前夜に続いての2日連続観戦です。

さてクラクフについて。

今回初めて知った都市なのですが、かなり有名な観光都市のようです。その昔はポーランドの首都でもあったので、日本でいうと“京都”と言うところでしょうか。また、あの世界遺産アウシュビッツ収容所の玄関先および、映画「シンドラーのリスト」の舞台でもある都市です。

先ずはチケット。
ヴィスワ・クラクフでも、パスポートを見せることでチケットが買えることを確認済。逆に言えばネット購入は不可なので、現地購入のみ。ダービーと言う事で、ナイトゲームですが、当日昼間にスタジアムへ。

クラクフ中心街から、トラム(路面電車)でスタジアム前まで行けます。

17.jpg
中心街ではこんなのを見かけました。

18.jpg
はたまた、ダービーを煽るポスターも。

WISLAvsWISLAとありますが、クラクフを流れるポーランド最長の川、ヴィスワ川ダービーってことでしょうか?

多摩川クラシコ的な?

19.jpg
スタジアムに到着。古めかしさがたっぷりありますが、重厚感のあるスタジアム。

肝心のチケットですが、昼間にも関わらず、大勢の人。警備員のような人もスタンバっていて、なにやら物々しいです。ポーランド国民はチケットを買う際にファンカードが必要なんですが、それは国民番号?と紐づいていて、ブラックリストに載っているような人物はチケットを買えないようです。

そういう人間が買いに来ても・・・とのことで警備員がいる?

健全なアジア人にはあっさりチケット売ってくれました。
自分のつたない英語を聞いて、一生懸命対応してくれたポーランド美人さん、ありがとう。ついでに美人さんに「ファンショップはどこ?」と聞くと、「あそこの駐車場にあるわ」とのことで向かいます。

・・・が、ありません。結構探しましたがありません。隣のビルまで来たら、例のポスターがあったので、突入。ユニとか、マフラーが並んでますが、完全に怪しいです。四方の壁には暗幕貼ってあるし。Tシャツやパーカーもあるけど、基本黒で、デザインはドクロやら拳銃やらナイフやら・・・

アングラ感が半端ないです。怪しい店の奥の部屋に通された感じ?けどまぁ、よさげなマフラーがあったので、鼻ピアスやらタトゥーやらてんこ盛りの女性に話しかけたのですが、「英語わかんない」的なジェスチャーのあと、別の兄ちゃんを呼んでくれました。

ガラッとかわって、こちらは超がつくほどの好青年。すんなりマフラーを買えました。クレジットカードも使えました。

で、グッズを買う時に入れてもらう袋。その袋にはエンブレムなどがプリントされていて、毎回楽しみにしています。コレクション的に、余計にもう一枚もらったりして。けど、今回は全くの白色でなんのプリントもなし。(レジ袋以下)

?なまま店を出たのですが、多分ここ、サポーターショップやったかなと。

クラブオフィシャルではなくて、サポーターグループが自らデザインしたグッズとかを売ってる感じ。(それだけだと何なんで、ユニとかもクラブから公認得て売ってる・・・と思う)なので、アングラ感満載だったのかなと。

よくよく調べると、やっぱりポーランド美人さんの言う通り、公式ファンショップは駐車場にあるようで。時間が早かったせいか、まだ開いてなかったと思われます。(トレーラーの荷台で売るタイプ?)

チケットとマフラーも手に入ったので、一旦クラクフ中心街に戻るとします。
が、せっかくなので対戦相手のクラコヴィアのスタジアムまで歩いてみます。

20.jpg
・・・余裕で歩いて到着。

ゲートが1ヵ所開いていて、進んだ先にはファンショップ。先ほど買ったヴィスワ・クラクフのグッズが決して見えないようにして突入。ここはさすがに公式ショップっぽいですが、まードクロやら拳銃やら・・・・以下同文。

さすがに何も買いませんでした・・・

スタジアム間の距離感ですが、こんな感じです。

21.jpg
左上が今日の試合のあるヴィスワ・クラクフのスタジアム、右下がクラコヴィアのスタジアム。

見にくいですが、直線距離で891mしか離れていません。間にあるのは広大な公園(というか野原)のみ。実際にこの公園を突っ切って移動しました。

アルウィンと陸上競技場の距離が1.4Kmですからね。それよりも近いです。

こりゃ、ダービーでも相当な近距離ダービー。
夜の試合に期待しつつ、一旦クラクフ市街地へと戻りました。

<余談>
これより近いダービーなんてあるんかいなと調べたら、ありました。
なんとその距離270m・・・・もうこれはお隣さんでしょうよ。
「世界一近いダービー」
これだけ近いと逆に友好的ってのも面白い。

さてさて、試合が近づいてきました。
再び、トラムに乗って、スタジアムに到着&スタンドへ。

22.jpg

いよいよ試合開始・・・・・「えらいこっちゃ~」な後半へ続きます。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

0311.jpg