So-net無料ブログ作成

(特別編)2017夏 ユニ欧 in 中欧#4 第3試合 クラクフダービー 後半 [山雅以外]

いよいよキックオフが近づいてきました。

お楽しみは、選手入場時にサポーターが何をやってくれるのか?と言うわけで、取った席はメインスタンドのアウェイ側。ここなら、ゴール裏全体が見渡せそうだったので。

そろそろか?と思った時、周りのサポがスマホをゴール裏に向け始めます。先ずはビッグフラッグの登場!

23.jpg
月夜に蝙蝠と十字架、そしてヴィスワカラーのヘルメット。

「墓場送りにしてやる!」的な感じでしょうか。両脇には三色の旗がはためいていますが、よく見ると煙と怪しい光がみえます。

そして、ビックフラッグを下ろすと・・・

24.jpg
やってくれました!真っ赤です、燃えてます!

次々に赤い閃光が放たれて、もうもうと煙が沸き立ちます。火と煙はどんどん増えていき、黒い煙も出始めました!

25.jpg
よーく見てみると・・・・

26.jpg
黒煙の中でもマフラーを掲げ、選手を鼓舞します!

そして、赤い閃光はというと・・・・

27.jpg
マスクマンが両手にもって振り回しています!

このマスクマン、ゴール裏にたくさんいました。

気づくと、試合始まってました・・・でも、もう既にお腹いっぱいです。来てよかった~。と思いつつも、試合も大事です。なんたってダービーですから。

で、肝心の試合ですが、まーひどいもんですよ。ホーム、ヴィスワの出来が。攻守にわたって連動性がなく、パスはつながらないわ、バイタルエリアに簡単に侵入されるわ・・・

28.jpg
サポーターも声援を送りますが、状況は改善しません。

29.jpg
ピッチ上では両キャプテンがマークしあってます。

赤ユニがホーム・ヴィスワクラクフ、赤白がクラコヴィア。個の力量はヴィスワの方が上の様に見えますが、いかんせんバラバラ。そうこうしているうちに、最終ラインをきれいに崩され、失点!

いいところなく、前半が終了しますが、既にお怒りのサポーターも・・・。

気を取り直して、後半巻き返し・・・と行きたいところですが、全然ダメ。前半よりひどいかも。マスコットも旗ふるのさえやめてしまう有様。

30.jpg
しっかし、全然かわいくない。ガンズ君最高!

スタンドではさすがにヤバい雰囲気が・・・。

メインアウェイ側にしたのは、怒り狂うサポは少ないだろうという狙いもあったのですが、このエリアにも、鬼のように熱い人が二人いて、しかも自分のすぐ目の前・・・

配置的には、その鬼二人が2トップで自分がトップ下な感じ。その2トップは、左に赤鬼、右に黒鬼のフォーメーション。

31.jpg 32.jpg
もう後半最初から「鬼の2トップ」吠えまくってます。

クラコヴィアが時間稼ぎの痛んだふりなんてしようものなら、二人ともぶちギレ!

赤鬼さんは、弟夫婦?を連れてきて、最初は教えながら観戦ってな感じだったのですが、グダグタ展開に、弟夫婦そっちのけで怒りまくってます。

黒鬼さんは取巻きが10人ほどいて、風貌からも「不良グループ」(死語?)。

そして、両鬼ともデカいんです。体も声も。

そんな鬼の2トップに「なんだこのアジア人、カメラばっかり撮ってやがって!」なんて思われてるかなぁ~と思いつつも、時間だけが過ぎていきます。

さすがに自分も、このままはマズいと思い始めました。帰りもトラム(路面電車)なんですが、
・ビール飲みまくった上に
・目の前で不甲斐ない敗戦を見せられ鬱憤溜まりまくりの
・平均180㎝以上のガタイのいい男どもだらけ
こんな満員電車で帰るなんて、罰ゲームというより拷問。

ポーランド人って、東欧ロシア系の風貌&ガタイもいいから、みんな格闘家か軍人さんみたいなんです。ミルコクロコップにヒョードル、はたまたプーチン大統領な感じ。

無理っす。こんな満員電車乗りたくないっす。

なんで、このまま終わるわけにはいきません。恐怖の満員電車もそうやけど、先に鬼の2トップに食われてしまう・・・

と言う事で、トップ下のアジア人も立ち上がり、それっぽく吠えてみます。

試合も終盤、守りに入ったクラコヴィアも疲れてきたか、ファールが目立ってきて・・・

33.jpg
イエロー2枚で退場!

これで一気にサポーターも選手も息を吹き返します。押せ押せムードで攻め立てます!

・・・・・そしてついに同点!!

34.jpg
エースの10番が見事なドリブル突破からゴール!

一気にスタジアム全体が熱を帯びてきました。やんややんやの大盛り上がり!
その後、オフサイド取り消しゴールがあっても、「ここまでか・・・」とは全くならず、更にスタンドはヒートアップ!!大声援をバックに攻めたてるヴィスワに、耐えるクラコヴィア。

そして、90分になろうかと言う時に、左サイドから最終ライン裏にクロスが入ります!

35.jpg
それをエースの10番が右足アウトサイドでシュート!!

36.jpg
GKはなすすべなくボールを見送りるが、ボールはポストに当たって・・・

37.jpg
入ったぁ!!!!!!

膝から崩れ落ちるクラコヴィアGK、両手を広げて駆け出す今日2ゴールの10番カルロス・ロペス!!

この瞬間、スタジアムが大揺れ!ドンちゃん騒ぎ!!まさに狂喜乱舞!!!今までの鬱憤を晴らすかのように、サポーターの感情が大爆発です!

自分も某芸人なみに「Yeah~~!!!」そして、「よっしゃ~!!!!」目の前では、ガッツポーズの黒鬼に赤鬼が駆け寄り、がっちり(腕相撲タイプの)握手を交わします!

38.jpg
鬼の2トップ、歓喜の雄叫び!!

直後に、なんと黒鬼さんが俺のところに来てくれましたよ! がっちり握手のあと、熱い抱擁!間髪入れずに赤鬼さんも来てくれました!これまた 握手&熱い抱擁!!

トップ下のアジア人、ようやく鬼の2トップに認められました!

それはいいんですが、両鬼ともガタイがいい上に、興奮しているのもあって
握手は手がつぶれそうやわ、抱擁はハグというよりベアハッグなみにバキバキやわ、抱擁時に背中をバンバン叩くのが強烈で背骨折れそうやわ・・・やっぱり鬼に食われてしまいました。

いやいや、まだ試合は終わってません。ロスタイムもまだ残ってます。クラコヴィアもGKが上がり、最後の意地を見せますが・・・

39.jpg
試合終了~!!劇的逆転勝利~~!!

スタジアムはまさに「優勝したかのよう」。いやーしかし、すごかった。80分からの怒涛の展開と言ったらもう・・・

試合後にはスタジアムに「Time to say goodbye」が流れ、サポーターがスマホの画面を光らせて演出します。

40.jpg
炎やら煙やらを、きれいな演出でなかったことしてる?

とにかく、炎と煙の上に劇的勝利と、もの凄いクラクフダービーでした。来てよかった。帰りのトラムは、大男どもの満員電車はその通りだったんですが、車内ではチャントが歌われたりして、みなさん上機嫌。無事に帰れました。

中欧最終戦にして、最高の試合。たぶん、これまでの欧州観戦の中でも最高かも。興奮冷めやらずとはこのことで、しばらく眠れなかったほどでした。

Youtubeで探してみました。よかったら見てください。
好青年がなにやらレポートしてくれてます。



好青年よ、ゴールシーンがないではないか・・・と言う事でこちら


両監督にスポットをあてたドキュメンタリー風になってます。

しかし、クラコヴィアの先制点は見事な崩しですなぁ。

クラクフダービーは期待以上のてんこ盛りでした。
これにて中欧3連戦、3連勝で無事終了!

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

0311.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。