So-net無料ブログ作成

(特別編)2017夏 ユニ欧 in 中欧#2 第2試合 レギア・ワルシャワ [山雅以外]

第1試合のチェコ・プラハから、ハンガリー・ブタペストを経由し寝台列車で乗り込んだのは、ポーランドの首都 ワルシャワ です。

第2試合 2017.08.11
エクストラクラサ(ポーランド1部)第5節
レギア・ワルシャワ vs ピアスト・グリヴィツェ
*エクストラクラサ=エクストラ(特別な)+クラサ(クラス=階級)で最上級リーグの意味。プレミアリーグ的な意味合かなと。ちなみに下部リーグはⅠリガ。

首都であるワルシャワですが、1部在籍のクラブは、このレギア・ワルシャワのみ。前年度のリーグチャンピオンでもあります。ちなみにロシアW杯で対戦するポーランド代表の絶対的エース レヴァンドフスキはワルシャワ出身です。(レギアには在籍していませんが・・・)

このレヴァンドフスキ、ポーランド国民のヒーローです。お店でポーランド代表のユニが掲げてある場合は、ほぼ100%レヴァンドフスキのユニ。サッカー以外でも、ブランド服のモデルなんかもやってます。また、対戦相手のグリヴィチェはあのポドルスキの出生地です。まぁ2歳でドイツに渡ってるんですが。

さて、先ずはチケット。ポーランドのクラブは最初にクラブカードを作ってからチケット購入・・・というシステムがあるやら、最近は海外観戦者にはそれは不要との情報やら、なんだかよくわかりません。

クラブにメールしたところ、ポーランド国民以外はパスポートを見せればチケット購入OKとのこと。また、この試合はソールドアウトにはならないとも聞けたので、現地購入を実施。

下見とグッズ購入を兼ねて試合前日にスタジアムへ。

6.jpg
スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴ キャパ3.1万

ワルシャワ中心外から離れており、アクセスはバスのみ。日本でも見知らぬ土地のバスは苦手なんですが、観光案内所でバスのNoを聞き出して無事到着。「レギアワルシャワ! スタジアム!」のカタカナ発音でも十分通じました。

首都クラブという感じで、スタジアムもチケット販売所も近代的できれいです。チケット担当の兄ちゃんのおススメを聞きながら席を選択。

この日のワルシャワも「異常な暑さ」だそうで、「日本は更にウェットだ」と言うと、「ありえねー!」ってなジェスチャーしてました。

クレジットカード決済で、無事にチケットを受け取り、次はファンショップへ。

7.jpg
広いっす。きれいっす。涼しいっす。

8.jpg
ユニのディスプレイもオシャレっす。

9.jpg
躍動感ありますねぇ~。

色々買い込んだところで本日はここまで。

さて試合当日。

昨日、ファンショップで買った昨年モデルのアウェイユニを着込んでスタジアムへ向かいます。

10.jpg
これですこれ。

なかなかこの色合いのユニは珍しい(軍隊発祥のクラブと言う事で納得)。出発前から狙ってたんですが、昨年モデルと言う事でセールされてて、ラッキーでした。

バス停で待っていると同じユニを着たサポが話しかけてきました。

「一緒じゃないか」
  「そう、これカッコいいよね」
「そうそう、俺もお気に入り」
  「新ユニはどう?」
「だめだ、カッコ悪い」
  「俺もそう思う」

みたいな会話をしたつもりです・・・・

11.jpg
そんなこんなで、夜のスタジアムに到着。

バス降り場から人の波に乗ってゲートまでくると、案の定厳しいボディチェックです。色々まさぐられましたが、無事に通過。このとき、隣は先ほどのバス停でのサポーター。自然と笑みがこぼれます。

12.jpg
いよいよスタジアム内へ。

いやぁ、こりゃサッカー場ではなく“スタジアム”ですわ。かっこいい。ユニは白と黒ですが、クラブエンブレムには赤と緑もあってか、スタジアムは結構“緑”です。

このレギアワルシャワのサポーター、欧州の中でも過激で有名です。

レギアワルシャワ サポーター」で画像検索すると、御覧の通り真っ赤です。燃えてます。

ビックフラグも多種多様で戦争批判やUEFA批判など、なんでもござれです。屋根から垂らしたビッグフラッグと合わせて、3D的な表現なんかもお手の物。

ここまではいかなくとも、何かやってくれるかと期待していましたが、この日は特になし。前週でのチャンピオンズリーグ予選敗退に加え、平日開催&下位クラブとの対戦ということもあって、“谷間”な感じでしょうか。

13.jpg
それでも、ゴール裏は盛況で、“やぐら”に乗ったコルリがドラム軍団を従えて、煽っています。

14.jpg
ゴール裏全体はこんな感じ。

試合ですが、クラブ規模のまんま、個の力量の差が歴然です。

15.jpg
こんな感じでチャンス連発。

チェコでの第1試合よりもボールは転がりますし、“手を変え品を変え”崩す・・・のスタンスも十分あり。よって、いつ点を取るか?ってな雰囲気。で、案の上先制。ただし、前半はこの1点どまりで、物足りない雰囲気で後半へ。

16.jpg
またもやありました給水タイム。

この給水タイムで監督から喝が入ったか、再開後すぐさま追加点!

その直後の相手ボール回しをカットし、ショートカウンター炸裂であっという間に3-0。もうこれで完全に試合を決めました。終了間際に1点返されますが、3-1で勝利。観衆13708人(まぁ平日ですからねぇ・・・)

チケット手配から試合終了まで終始“首都クラブ”としての余裕と言うか余力みたいなものを感じました。ただ「ヨーロッパでも有名な超過激なサポーター」を見れなかったのはちょっと残念。

でも、今日もホームが勝って、無事に帰れます。やっぱ安全が一番!

nice!(1)  コメント(0) 

(特別編)2017夏 ユニ欧 in 中欧#1 第1試合 ボヘミアンズ・プラハ1905 [山雅以外]

2011年以来の登場となります、ユニ欧です。
(2011年の記事はこちら

前回は欧州とアジアの狭間、トルコ編でしたが、今回は西欧でもなく北欧でもなく…
「ユニ欧in中欧」
と題しまして、中央ヨーロッパでの観戦記(計3試合)を空港人ブログに寄稿させていただきます。


第1試合 2017.08.05
HETリガ(チェコ1部) 第2節  *HET:リーグ冠スポンサー(≒明治安田生命)
ボヘミアンズ・プラハ1905 vs MFKカルヴィナ

セントレアからドイツ・フランクフルトを経由し、チェコの首都プラハへ。

プラハには1部の4クラブがあり、中でもスパルタ・プラハは有名。プラハ滞在中に第2節があったのですが、プラハ4クラブのうち3クラブがアウェイ試合。残った1クラブ(ボヘミアンズ)が「緑」クラブってことは、行きなさいってことです。

スタジアムはプラハ中心地からは少し離れていますが、トラム(路面電車)がスタジアム前まで走っており、アクセスは良好。キャパは約5000人。プラハの中では最も小規模ですが、70%以上の収容率を誇っています。(上記のリンク先のWiki記載のスタジアムは以前間借りしていた時の情報)

高い収容率にホーム開幕戦と言う事もあって、事前手配を「ticketportal」というサイトで実施。(日本でいう“ぴあ”)決済はクレジットカード、発券はバーコード付きチケットを自分で印刷するタイプでした。

さて、試合当日。
スタジアム行きのトラム内では、“道先案内人”の緑サポを発見。これで安心。
トラムの駅はスタジアムの目の前でした。

1.jpg
ジョリーチェク・スタディオン キャパ5000人

クラブマスコットはエンブレムにもあるカンガルー。入場のボディチェックは結構厳重でしたが、観光中のアジア人は難なくパス。

先ずはスタジアム併設のクラブショップに向うも大混雑。というか店自体が狭い。入口で、強面の警備員が中の状況を見て、5人単位ぐらいで「入っていいぞ」ってな感じで入れていきます。

なんとかお目当てのグッズを購入したところで既にキックオフ直前。

急いでビールを買いに行きますが、ここも長蛇の列。ってゆうか暑いんですよ。そりゃみんなのど乾きますって。暑いというか熱い。日本でもよく見かけるミストシャワーもあるんですが、ぶっ壊れてて単なるスプリンクラー。しかも止めもせず、そのまま放置なもんだから周辺水浸し。まぁ良しとしようではないか。

なんだかんだでようやく席に着きましたが既に試合始まってました。

2.jpg
高さのあるメインスタンドを選択。

バックスタンドは低層というより、ほぼピッチレベル。

向こう側は単なる普通のアパートですが、色合いが欧州っぽいです。しかし、いくらでも試合見れるな。ニッパツのバクスタ裏のアパートなんかかわいいもん。

肝心の試合ですが、サッカー的には、まぁ特になんの・・・ってな感じです。あんまりボールが転がらない・・・なサッカーですな。

スタジアムの雰囲気は良いですねぇ。スタジアムというよりサッカー場な感じ。ホンダFCの都田サッカー場の匂いがします。

3.jpg
ゴール裏のサポーターもこんな感じで、緑の発煙筒炊いてみたりしてます。

4.jpg
何と、給水タイムがありました。そりゃ水分補給しないとあきません。

5.jpg
ハーフタイムにはマスコットも登場しますが、“あーだるいなぁ”感が半端ないです。

一応手を振ってるけど、お愛想感がすごい。隣の子供カンガルーなんて、顔見えるタイプやし。いやーやっぱガンズ君はすごいですな。

試合展開はと言うと、先制するも直後に追いつかれ、嫌なムードになりかけますが、85分に勝ち越しゴールを決めて、2-1で見事ホーム開幕戦を飾りました。(観衆4192人)

プラハの4クラブの中では規模は大きくない分、アットホームというか、“おらが町”のクラブな雰囲気があって居心地良かったです。前節のリーグ開幕戦、アウェイでの強豪スパルタ・プラハとのダービーを1-1で凌いできて、このホーム開幕戦勝利ですから、周りのサポーターも満足げです。海外観戦者にとってはホームクラブが負けないことが重要です。サポが暴れたりしたら、大変ですから。

暑かったけど、天気もよく、勝ちと言う事で、幸先よい第1試合となりました。

nice!(1)  コメント(0) 

2014/11/22 J.LEAGUE DIVISION 1 第32節 はしご観戦 [山雅以外]

2週間ほど前になりますが、佳境を迎えつつあるJ1公式戦をハシゴ観戦してきましたので、エントリーしたいと思います。来年、松本山雅がこのJ1に参戦するということで、その勉強を兼ねて、という意味も込めて。

率直な感想は「本当にJ1に参戦するのだろうか…」と不安が大半。でも、勝負を度外視したら、J1参戦は楽しいと思いました(度外視してはいけませんがw)。

観戦した第32節の対戦カードは次の2試合。

 14:00 浦和レッズ vs. ガンバ大阪 @埼玉スタジアム2002
 17:00 大宮アルディージャ vs. 柏レイソル @NACK5スタジアム

来年に活かすために、埼スタの試合はJ1優勝争い、NACK5の試合はここ十年見せてきたアルディージャ大宮の底力に注目して観戦に臨みました。まあ、J1優勝争いはあまり参考にならない感じですが(笑)、NACK5の試合は「明日は我が身」という当事者意識が沸々としてきたのは良い経験になりました。

ということで写真を時系列で。

◎はしご観戦 第1試合 浦和レッズ vs. ガンバ大阪@埼玉スタジアム2002

s_IMG_9662.jpg
いきつけ?の駐車場へ

s_IMG_9664.jpg
この駐車場に来ると、野菜までもらえちゃうという特典つき(笑)。アットホームです。

s_IMG_9666.jpg
s_IMG_9668.jpg
駐車場から徒歩1分でスタジアムが見えてきます。

s_IMG_9673.jpg
徒歩5分で埼玉スタジアムへ。近い!

s_IMG_9675.jpg
s_IMG_9677.jpg
s_IMG_9680.jpg
開場3時間前に多くの人が並んでいました。と思いきや、3時間前から開場という。さすがだ。

s_IMG_9686.jpg
ということで私も並びまして会場入り

s_IMG_9687.jpg
s_IMG_9688.jpg
s_IMG_9692.jpg
しかし、何人の人が並んでいるんだろうかというくらいの人出。でも、それをいとも簡単に処理してしまう、スタジアム。うーむ。

s_IMG_9696.jpg
ホームゴール裏の反対側(アウェイエリアの横)に陣取りました。

s_IMG_9699.jpg
浦和袋をゲット!もちろん、使うわけがなく、数日後に会社の浦和サポーターへのプレゼントとなりました。

s_IMG_9698.jpg
座席にはコレオのシートがすでに配布されていました。

s_IMG_9710.jpg
s_IMG_9711.jpg
s_IMG_9713.jpg
複数のスポンサーの協力でコレオは成り立っているようです

s_IMG_9701.jpg
超並んでるんですが、それも処理してしまうっていうね。

s_IMG_9707.jpg
席取りも豪快。

s_IMG_9709.jpg
それにしても、いい感じのスタジアムだなあ。ちょっと松本にはでかすぎですかね(←贅沢w)

時間があったのでコンコースから反対側(ホーム自由席側)へ散策

s_IMG_9726.jpg
s_IMG_9734.jpg
s_IMG_9738.jpg
この年は、山雅サポとしては感慨深いw

s_IMG_9743.jpg
何か怖いな

s_IMG_9745.jpg
降格した年ですかね

s_IMG_9746.jpg
小野さん

s_IMG_9752.jpg
一番古い時代が1992年でした。

s_IMG_9756.jpg
ホーム自由席側ではさすがに撮影できず。入り口までがギリギリw

s_IMG_9779.jpg
ということで、席に戻って、そろそろ試合の準備

s_IMG_9762.jpg
ガンバ大阪サポーターも盛り上がってきました

s_IMG_9787.jpg
突然の放水。逃げ惑うメディア関係者。気をつけましょう。

s_IMG_9796.jpg
s_IMG_9789.jpg
s_IMG_9823.jpg
徐々に埋まってきました

s_IMG_9797.jpg
バックスタンドのピッチサイド看板。J1になるとJリーグスポンサーのみになっています。アルウィンもこうなるのですかね。

s_IMG_9807.jpg
コレオ!

s_IMG_9813.jpg
Jリーグカメラマンはスタンドに入って撮影ができる模様

感想
・コレオ解禁。ガンバサポーターエリア以外の座席全てにシート(3色)を配布していたのはすごいな、と。準備も大変だけれど片付けも大変そう。その努力の甲斐あってあれだけのコレオができるんだな、と。
・鳴り物禁止と聞いていたけれど、ホームゴール裏とその反対側(当時はその周辺に着席)で太鼓を鳴らして、サポーターの応援のリズムを取っていました。解禁されたのかもしれません。
・周辺の浦和サポーター、ボランチの選手が中盤でガンバからボールを奪った瞬間、「慌てず、ゆっくり、攻めよう!」と何度も叫んでいたのが印象的でした。山雅なら「前へ!蹴りだせ!急げ!」ですからね。ここにもスタイルの違いを見たわけです。で、それでいいんだと思いました。
・しかし、埼玉スタジアム、興業をするようにきちんと設計され過ぎていて、全然参考にならない感じ(笑)。松本にこんなスタジアムが(収容人数だけではなく、興業面という意味でも)できたら…満足度アップするかもしれまえせんが、満員にするというミッションはかなり大変だろうなあ、と。


◎はしご観戦 第2試合 大宮アルディージャ vs. 柏レイソル@NACK5スタジアム

s_IMG_9845.jpg
浦和の試合が終了すると同時に埼玉スタジアムを後にします。

s_IMG_9846.jpg
たった数分の違いでこんなに出口に人が殺到するんですからね…。でもそれを処理してしまう埼スタって一体…。

s_IMG_9847.jpg
自転車置き場もこんな感じになっていたのか…。

s_IMG_9848.jpg
埼玉スタジアムの最寄駐車場から10分ほどの岩槻区役所併設駐車場へ

s_IMG_9850.jpg
s_IMG_9851.jpg
東武鉄道を使って岩槻駅から大宮公園前駅へ

s_IMG_9852.jpg
大宮公園駅

s_IMG_9853.jpg
s_IMG_9856.jpg
s_IMG_9858.jpg
s_IMG_9861.jpg
オレンジのフラッグに沿って歩いていくと…

s_IMG_9859.jpg
NACK5スタジアムへ

時間もなかったので、早速入場

s_IMG_9863.jpg
おお、こちらはとっても見やすいですね!
2度目のNACK5でしたが、こんなに観やすかったですかね?

s_IMG_9866.jpg
またもや、アウェイサポーター寄りの席を確保

s_IMG_9871.jpg
夕日も大宮カラーになってました

s_IMG_9872.jpg
ビッグフラッグ&ユニ

s_IMG_9878.jpg
NACK5もバックスタンド側のピッチサイド看板は、Jリーグスポンサーのものだけになってました。
やっぱり、アルウィンも来年はこうなるんですね。。。

s_IMG_9898.jpg
なぜかこれを持っているという…(埼スタでは浦和レッズのタオマフを持って行きましたw)

試合は前半は拮抗したものですが、後半突き放した柏が5連勝を飾りました。

s_IMG_9900.jpg
喜ぶ柏サポーター

s_IMG_9903.jpg
落胆する…と思いきやそうでもないスタンドのサポーター。

s_IMG_9905.jpg
オレンジシート

s_IMG_9907.jpg
こちらもコンコースが確保されているんですね。
スタンドの規模は違いますが、ピッチから座席までの距離やピッチ全体の見易さは、NACK5も埼玉スタジアムも甲乙つけがたいな、と。


感想(後日追加予定)
・試合は正直残念なものでした。競らないディフェンダー、ボールへの執着心。凄く気になったけれど、大宮サポーターは何の反応無し。ファイトを見せない選手がいた場合、山雅だと檄が飛ぶんですが、ブーイングというよりも諦めたような雰囲気に感じました。何年もギリギリのリーグ戦をしていると(だいたい10位台)こうなってしまう雰囲気(土壌)が作られてしまうのでしょうか?ということが気になりました。そういう意味では、山雅も順位争いではそうなってしまう可能性があるのかも、と。必ずしも上位に定着したり、右肩上がりが続くわけではないですからね。。。
・このスタンドの雰囲気は、降格しても構わないのか、それとも逆に、J1であろうがJ2であろうが、リーグがどこであろうが、楽しむ土壌ができているのかも、と。

ということで、この2試合は、優勝争いと残留をかけた対戦の2試合だったわけですが、共に感じるところがあった試合でした(まあ優勝争いはあんまり参考にならないのかもしれませんがw)。

やっぱり、第三者としての観戦は気楽でいいですね!(笑)

今年のJ観戦(第三者)はこの2試合だけですが、来年はもっと多くの試合を観戦して色々感じるところを増やしていければ、と思った次第です。
nice!(0)  コメント(0) 
0311.jpg